« 阿呆のように | トップページ | ランチのために »

2005.09.15

マイ・フィーダー・ライク・ドライビング

vwp

山本容子が好きなのだった。まだ彼女のことを知らなかった頃、学校で教えてもらったエッチングという版画にはまってしまったことがあるのだが、銅版画の、あの線のか弱さと美しさには、得も言われぬものがある。90年代の半ば、彼女の版画集が発売されていて、ぼくは書店に行くたび、彼女の描く漫画のような、モノクロ映画のような、また絵画のような世界を見ては、感動のため息をもらしていたのだった。当時のぼくは、ドプーであった。今で言うニートのようなもの。いつかこの画集を買おう、と決心して、その場を後にする。5000円以上もする画集を、簡単に買えるほどの経済力がなかったのである。

毎日のアルバイト、休憩時間になると、近くの書店へ出かけ、山本容子の画集を見る。欲しいなあ。ため息をつく。財布を見る。ため息をつく。ある日、いつものようにいつもの場所で、彼女の絵を味わおうとして、書棚に手を伸ばす。「あれ?画集がない!?」場所を移動したのか。よく見てみる。探してみる。やっぱり無い。店員さんに聞いてみる。「あ、さっき売れちゃいまして、在庫も無いんですぅ」そうですか…。ため息をつく。

今、わが家の本棚に並ぶ彼女の画集。時々、開いて味わってみる。かつて自分のものとすることが出来なかった喜びを味わっている。「ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行が好き」を見ると、いつも旅に出かけたくなる。ポロに乗って、行きたくなる。デジカメも、DVカメラも置いて、妻や娘たちと一緒に、ポロの旅の漫画を、銅版画に描いてみたくなる。
 

|

« 阿呆のように | トップページ | ランチのために »

コメント

dan様
こんばんわ、コメント、ありがとうございます〜。
彼女は本当に素敵な女性ですね。彼女の版画から、人生を愉しむ方法を教えられて来ました。笑顔。ほんとその通りですね。人生のいろいろを通ってなお、しずかな微笑みをたたえることの出来る、そんな魂に憧れます。

投稿: サスケ | 2005.09.24 20:27

山本容子。
お好きなんですね。
彼女は笑顔が素晴らしいと思います。
人生で一番大切なことは素敵な笑顔でいることと本人はテレビでおしゃっていました。
納得同感と思う僕です。
過去はだれにもいろいろなうねりがありますが彼女もしかり。でもそれを感じさせないとびっきりの笑顔とパワーを僕は感じます。

投稿: dan | 2005.09.24 01:36

716様
こんばんわ~、コメント、ありがとうございます。
嬉しすぎて、泣いちゃいます(T T)。ポロがほめられると、ぼくは泣きます。ありがとうございます。そうなんです。可愛いやつなのです。716さんの心の片隅に、その記憶をとどめておいてやっていただけると、とてもとても嬉しいです。

投稿: サスケ | 2005.09.15 20:18

ポロに試乗しました。
やわらかい加速。
今まで、低速トルクやら軽快さやらにこだわり過ぎていたことに気が付きました。
癒しのクルマだと思いました。
サスケさんのことが頭に浮かび、そういうことかと妙に納得しました(笑)
いいクルマだと思いました。


投稿: 716 | 2005.09.15 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38636/5949081

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・フィーダー・ライク・ドライビング:

« 阿呆のように | トップページ | ランチのために »