« くっすん… タイム・イズ・フルフィルド | トップページ | のったね »

2005.09.29

わたしは、かわく

polo_cola

「喉がかわいた〜」と言うので、すぐ近くにあったベンディングマシーンの横、ポロを止める。「ネクターが飲みた〜い」ノド渇いてるときに、とても甘いの飲んじゃ、またすぐに渇いちゃうよ。お茶にしたほうが良いね、お茶にする?「は〜い」

人は渇く。渇くと飲む。しかし、飲んでも癒されない渇き、と言うものがある。飲んで、飲んで、飲まれて、飲んで、飲んで、飲み疲れて眠るまで、飲んで。でも醒めたら、また渇いている。「渇き」強い喪失感に似ていて、ひどくやっかいなもの。どうすれば、この渇きがやむのだろう。一日分の水がようやく入るだけのヒョウタンを腰から下げて、旅に出る。色んな人に出会って、泉の場所を聞く。心の渇きを癒すという泉。値なしに、いのちの水が飲めると言う。


さて、イエスの十字架のそばには、イエスの母と、母の姉妹と、クロパの妻マリヤと、マグダラのマリヤとが、たたずんでいた。イエスは、その母と愛弟子とがそばに立っているのをごらんになって、母にいわれた。「婦人よ、ごらんなさい。これはあなたの子です」。それからこの弟子に言われた。「ごらんなさい、これはあなたの母です」。そのとき以来、この弟子はイエスの母を自分の家に引きとった。

そののち、イエスは今や万事が終わったことを知って、「わたしは、かわく」と言われた。それは、聖書が全うされるためであった。そこに、酢いぶどう酒がいっぱいに入れてある器がおいてあったので、人々は、このぶどう酒を含ませた海綿をヒソプの茎に結びつけて、イエスの口もとにさし出した。すると、イエスはそのぶどう酒を受けて、「すべてが終わった」と言われ、首をたれて息をひきとられた。

【ヨハネによる福音書19章25〜30節】

|

« くっすん… タイム・イズ・フルフィルド | トップページ | のったね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38636/6167196

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは、かわく:

« くっすん… タイム・イズ・フルフィルド | トップページ | のったね »