« 棒グラフ | トップページ | 今日も静かな一日でした »

2005.09.22

小さく賢く暮らしたい

smart_vits

ヴィッツdeファミリー。日頃は奥様が、子どもたちの送り迎えや、スーパーへの買い物なんかに使う。小さくて、取り回しやすくって、燃費も良いし、やっぱりトヨタは安心なのよね。で、週末は、パパが運転して、レジャーに出かけます。お父さんらしき男性がステアリングを握る紺色のヴィッツ。バックミラーの左右で揺れていて、パパにはちょっぴりカワユいに過ぎる、赤と緑の小さなクマちゃんが、オーナーさんのそんな毎日を感じさせる。我が家のポロ・ライフ。コンセプトはとても近い。国産スモールカーの中では、ヴィッツが一番気になっちゃう。ヴィッツに男性ドライバーの場合、信号待ちでヴィッツをジロジロ見るぼくを、彼もまたぼく(ポロ)を見ていることが多い。ヴィッツオーナー氏にとって、ライバル的存在のクルマは、きっと、ポロなのかも知れない。

ヴィッツ。ぼく好みの選択。小さく賢く暮らしたい。小さなボディ、小さなエンジン、家族四人でも乗れるんだよ。もしも。高速道路を速いスピードで走っても、ワーゲンみたく驚くべき安定性能が与えられているとしたら。ヴィッツ、良いなあと思う。

|

« 棒グラフ | トップページ | 今日も静かな一日でした »

コメント

う〜様
ポロの曖昧なところが、はじめは、とても嫌でした。今は、そこが可愛いらしく感じられます。オーナーのひいき目でしょうが、欠けたところが、いじらしい。ぼくは、そんな感じですね〜。

投稿: サスケ | 2005.09.24 20:31

 サスケさん おはようございます。
 Golfの時は明確だったものが、POLOになって曖昧になった、という感覚は自分も強く感じています。そこが、製品の国際化なのでしょうね。
 国産コンパクトに乗る知人に、「価格差が約60万円もあるのになぜPOLOを選んだの??」と問われたことがありますが、実際は装備の差を考慮すると、30万円程度の差だと思います。その差は、輸送費やPDI、目に見えないボディーの剛性だったり、耐久性なのだろうかと考えています。

投稿: う~ | 2005.09.24 06:38

う〜様
国産コンパクトは、日本で乗るには申し分のない性能を持っていると思いますし、納得のいくプライスですから、これを選ばずに、わざわざヨーロッパのクルマを選んだ自分は、いったい何なのだろう、と思うときもありますが、おっしゃるような、何かはっきりとはしないけれど、特別な価値をそこに見いだしているんだろうと。ぼくの場合、ゴルフの時はそれがもっと明確でしたが、ポロになって、すこし曖昧です。ポロの魅力の微妙さと可愛さ。これはオーナーにしか分からないかも知れませんですね。

投稿: サスケ | 2005.09.24 00:30

サスケさん おはようございます。
 たしかにPOLOで走っていると、あちこちからの視線を感じることが多いと思います。それは、特にヴィッツなどのコンパクトなくるまのオーナーからのものです。
 わたしも当初からヴィッツというくるまには興味があり、ニューモデルが出る度に、乗っています。自分の中では、価格差を埋めるだけの価値が、POLOにはあると思っていますが、他の国産コンパクトカーに触れるにつけ、その差も縮まってきたのかな~という気持ちになるのもまた事実です。
 このことに結論が出るのは、100000km位走った各車を、乗り較べた時でしょうか・・・

投稿: う~ | 2005.09.22 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38636/6052427

この記事へのトラックバック一覧です: 小さく賢く暮らしたい:

« 棒グラフ | トップページ | 今日も静かな一日でした »